虫歯を放置した結果、治療の痛さも治療費もかさむ結果に!

先日、10年ぶりくらいに歯の治療に行ってきました。実は歯医者さんが大の苦手で、虫歯があるのは分かっていたのですが、どうしても行きたくなくてギリギリ痛みの限界まで放置していたのです。

まずは歯医者さん選びから大変です。とにかく「痛くない」治療をしてくれるところ…という条件でいろんな口コミサイトを見ながら探しました。

そして、通勤途中の駅にある有名な歯医者さんを発見。テレビにも何度か出ている院長先生がいる歯医者さんのようです。

「テレビにも出ているなら、相当腕はいいだろう」と思って予約をしたのですが、さすが人気の歯医者さんらしくかなりの混雑っぷり。

予約時間に医院に到着してまたびっくり。待合室が小さいということもありますが、ものすごーくこんでいるんです。

予約時間を20分ほどすぎてやっと診察してもらうことができました。当然、有名な院長先生の診断ではなく、他の先生です。当たりまえですよね汗

レントゲンを撮って歯を詳しく見てもらうと、なんと6本もの虫歯があることが判明しました。痛くて虫歯という自覚があった歯は2本だったのですが、それ以外に隠れ虫歯が4本もあったということです。

10年以上前に治療した虫歯が、詰め物の下でまた虫歯ができていたり、気づかないくらい小さい虫くいがあったり。

この6本の歯を治療するのにかかった時間はなんと3か月。特に一番痛かった1本は、虫歯がひどく進行してしまっていて、もう抜くしかないという判断になりました。

「抜いてしまう」と言ってもただ抜くだけではなく、実際にはその抜いた歯の部分に人工の歯を入れないと歯並びが悪くなってしまいます。保険内でどうにかしたかったので、ちょっと見栄えは悪いけれど銀色の人口の歯を入れることになりました。

すでに根も残っていないので、人工の根っこを作ってそれを歯の骨に埋め込み、そこに銀色の人工の歯を固定するというかんじです。

型を取って人工の歯を作るのにも時間はかかりましたね。

そして、それ以外の虫歯もきれいに治療してもらって、無事に歯医者を卒業できました。

最後に、すべての歯をクリーニングしてもらったのですが、これはけっこう気持ちいいですね。普段ちゃんと歯磨きをしているつもりでも、汚れがこびりついたり、コーヒーなどの着色が落ち切れていなかったりということはよくあるようです。

明らかに、クリーニングをする前とした後では大きな違いを感じました。つるつるになりましたね。

本当の最後には、クリーニングだけじゃなくて「ホワイトニング」を勧められたのですが、説明を聞いてみるとすんごい高額(全部で6万円と言われた)だったので、全力でお断りしました(笑)

今回特に思ったのは、虫歯は絶対放置せずに、少しでも歯に異変を感じたら早めに歯医者に行った方が最終的にはダメージが少ないということ。また、日ごろの歯のお手入れもすごく大事だということです。

あまり今まで歯のことを真剣に考えていませんでしたが、今回の長い歯医者通いで懲りたので、今後は歯の健康&白くてきれいな歯を保てるように意識していこうと思います。
おすすめサイト>>>>>自宅でできるホワイトニングで安いものもある?