太った人は基礎代謝が低い?代謝をあげる運動、食事とは?

痩身の最中、ついつい甘いものを食べたくなりますが、その際には食べたい気持ちを我慢しなくてはいけません。食べてしまったとしたら、すぐに体重に反映されてしまうからです。もしどうしても食べたいとなればカロリーの低い減量向けのケーキなどを作りましょう。

有酸素運動は20分以上持続しないと効果が見られないといわれてきましたが、今は何度かにわけても20分を超える時間を運動していればききめがあるといわれています。また、筋トレのほとんどはぐっと息をつめて激しく動く運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動を順々に行うことで効果を向上させることが可能です。歳と共にだんだんと体がゆるんできました。

痩身のためには、運動、食べ物の管理が一番だとは思うもののなかなか時間が設けられずに実際に行うことができませんでしたが、長い時間を隔てて体重計にのってみてはっとしたんです。とりあえず、自然に運動をするために、日頃の移動手段を歩きにすることから始めてみました。この方法で少しでも痩せると嬉しいです。

健康のため歩くことによって痩せる時の注意点は、40分以上必ず続けて歩く事です。有酸素運動であるウォーキングで、体内で燃え始める脂肪は、始めてから約30分後です。歩く事を10分や20分したくらいでは、脂肪が燃焼される事はなく、痩せる効果はかなり薄くなってしまうので、気をつけるようにしましょう。複式呼吸をマスターすることで、基礎代謝を上げられると聞きます。

しょうが湯の飲用やストレッチの実行、半身浴でリラックスしたり、代謝を上げるのも努力がいると考え始めていたので、とりあえず呼吸法を完璧にして、いつでも手軽に代謝を上げたいと頑張っています。呼吸に気を遣を遣って、お腹から行うだけでも、人は痩せるそうです。

体が締るストレッチとしては深く呼吸すると同時に肩甲骨を動かすのが効果的だと聞きました。肩こりにも有効なのですが、両腕を空高くまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上を向けた状態で、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。この時に息を吐くと同時に肩甲骨を縮めるイメージです。世の中には、これを食べておけば痩せるという食べ物はありません。

ただし、カロリーが低いものや、食物繊維を豊富に含まれている場合など、お通じに良いものは痩身、痩せるのに効果がありますよね。野菜、きのこ類、海藻類を多く取り入れると、体重の増加を抑えてくれるでしょう。また、カロリーの高い食べ物を控えなければなりません。

人間は年を重ねていくにつれて、体を動かすこと自体が減り、そのままにしていると、基礎代謝はぐんぐん下がっていく気がします。そのせいか、苦労の末痩身をしても、自分が思うように体重が減少しません。やっぱり、体質を変えるところがスタートです。

まず始めに、体を温かくするために、生姜湯から始めたいと思います。寒いときにはもってこいの飲み物ですし、これで代謝がアップすること間違いないでしょう。痩身している間、欲望の中にある甘い物への欲求を抑えきれなくなった時に飲食する物は、ずっと変わることなく寒天です。これは、その時の気分で味付けを変えられるので、飽きることがありません。

殊に、缶詰の蜜柑が入った牛乳寒天と、さいの目に切った味なし寒天にきなこをたっぷりかけて黒蜜をちょっぴりたらしたものが定番です。ひと口に痩身といっても方法は様々ですが、基本となるのはやはり運動と食べもののバランスだと思います。食事制限と運動を同時に行うと一段と効果的となるので、毎日ストレッチやトレーニングをすれば良いかもしれませんね。

スポーツジムなどに通うのも良いですし、それがムリだという方はご自身でウォーキングなどのトレーニングを行うように心がけていきましょう。基礎代謝を上げるのは痩せ効果もあります。普段からあまり汗が出ない人は体の中に老廃物という害が溜まりやすい状態になります。老廃物が体内に蓄積されることによって基礎代謝が下がってしまうので、汗をかかない人ほど太りやすくなってしまうのです。基礎代謝をアップさせて汗をかきやすい体にしていくことが重要と言えます。

出産を終えて、増えた体重と元にもどすために、減量と平行するかたちで生まれて初めて筋肉を鍛えました。母乳のみで育児をしていたので、思うように痩身は進まなかったのですが、筋トレはかなり夢中になってしました。おかげで、半年ぐらいである程度元の体型になることができました。痩身でよく行われている有酸素運動ですが、もっとも効果のある心拍数を自分自身で把握することであなた自身の効率よくエネルギーを消費して、脂肪の燃焼率を高めることが出来るようになります。

あまり、無理に長い時間体を動かし続けるほど痩せられるのではなく、特に激しい運動などは筋肉に酸素が行き渡らなくなり、反対の効果になってしまいます。減量を行っていると自分に酷な食べもの制限を与えてしまう人もいるんですけど、断食などのような無理な体重減は辞めたほうが良いです。いくら、食事制限を行っていても空腹になってしまったら無茶をせずに食べるようにしましょう。できるだけカロリーが低いのものを食べるようにすれば体重が急増したり、することもございません。

短い期間で健康的に痩身するためには水泳が一番だと思います。陸上競技はちょっと…という方でも、水中ならば浮力が手伝って、体にも負担がありませんし、泳ぎ終わったら心地よい疲労感が残っています。やせるために大勢の人が泳いでますから、1人で泳いでいても別に恥ずかしくはありません。水泳は想像以上にカロリー消費が激しいので、継続すれば減量も成功間違いなしです。
詳しく調べたい方はこちら⇒大きいサイズの加圧シャツ選び方

猫背の方が太って見える?姿勢がいいと痩せて見える??

猫背だと太って見えるというのは本当でしょうか。

実際私の周りの「猫背の人」と「姿勢がいい人」を思い浮かべてみると、たしかに猫背の人の方が印象としてはなぜか太っているような気がします。実際には特に「肥満」と言うわけでない人でも、姿勢が悪いと太った印象があるのは確かです。

なんでこんなことが起こるんでしょうか??

実際に、自分の姿を鏡に映してみると、、、

背筋を伸ばした状態だと、スッキリして見えます。

逆に背中とお腹の力を抜いてダラッとした猫背になると、特にお腹周りに余分な肉が付いているように見えるんです。

この余分なお肉はいったいどこから来るんでしょうね!?

確かに、猫背になるとお腹の力が一気に抜けるので、そうするとお腹がぽっこり出た状態になってしまいます。ベルトの上に肉が乗ってしまう感じとでも言いましょうか。

なので、もともとあるお肉が、姿勢が悪くなることで重力に逆らえずに目立ってほしくないお腹部分に集中してしまうということなんでしょう。

姿勢をよくした状態だと全然太って見えなくても、猫背になっただけでお腹ぽっこり太って見えるんですから、姿勢の良し悪しって見た目にものすごく影響を与えるということがよく分かります。

あとは、肩が前に入ってしまうことで、胸のあたりもだらしなくユルユルに見えるというのもあるでしょうね。胸の前面とか側面にお肉が集中しているかんじです。

逆に考えると、もし一瞬で見た目的に痩せたいという人は、姿勢をよくするだけで「痩せて見える」ことが可能ということです。

体重自体は変わらなくても、背中をシャキッと伸ばして過ごすだけで、おそらく1回りくらいはスッキリして見えるはず。

たとえば、飲み会とか同窓会とか結婚式とかに出席しなくちゃいけないけど、ダイエットする時間がないという場合なんかには、背筋を伸ばすことでとりあえず少しは痩せて見えるようになるはず。ただ、少しでも気を抜いてしまうと、お肉がお腹周り胸回りにダラーっと戻ってきてしまいますけどね(笑)

それでも、何もしないよりは全然マシなはず。短期間で痩せるのは難しいですが、姿勢を保つだけならなんとかなりそうな気がしますからね(笑)

こう考えると、姿勢改善すると痩せるというのは、あながち間違っていないと思います。というか、ダイエット法としても全然アリな気がします。

食事製f減とかハードな運動が苦手な人は、姿勢改善ダイエット法というのも試してみる価値はあるのではないでしょうか!?

続きはこちら>>>>>猫背を治すインナーって?

憧れの細マッチョ・ソフトマッチョへの道のりは遠い…

人それぞれ、自分の理想の体型というのがあるはずです。

他人の好みではなく、「こんな体になりたいな~」という体型です。

ガリガリに痩せたロックバンドのボーカルみたいな体型にあこがれている人もいれば、筋骨隆々はちきれんばかりの筋肉の鎧を身に付けてみたいと思う人、女性なら少しぽっちゃりぐらいが女らしくていいなーという人などなど。理想の自分の体型を夢見て、中にはいろんな努力をしてその体型に近づけようと頑張っている人もいるはずです。

どんな体型がいいのか、というのは本当に人それぞれ十人十色なのですが、最近は男女問わず

「細マッチョ」

「ソフトマッチョ」

みたいなのが流行っていますよね。痩せているんだけど、ガリガリではなく適度に筋肉がついたハリのある健康的な体。

とでもいうんでしょうかね?

でも、この細マッチョやソフトマッチョというのは、体型の落としどころとしては絶妙で、なかなか狙って体を作るのも難しいんですよね。むしろ、ムキムキボディの方が簡単かもしれません。

まず、脂肪を落とさないといけません。ぶよぶよした体で細マッチョというのはありえないからです。

ただ、脂肪を落としてもガリガリになってしまってはいけません。脂肪を落としても貧相な体型にならないように、適度な筋肉をつける必要があるのです。

なので、脂肪を落とすための有酸素運動と、筋肉をつけるための筋トレを同時にやらないといけないんです。

ただひたすらに痩せるとか、ただひたらすらに筋肉をつけるよりもハードル高いですよね!?

まあ、だからこそ人気なんでしょうけれど。誰でも簡単に細マッチョ・ソフトマッチョに慣れるなら、ここまで憧れの体型として祭り上げられることもなかったかもしれません。

簡単そうに見えて、実際にそのボディを手に入れるのが難しいからこそ、多くの人が憧れるんでしょうね。

しかも、その細マッチョの体が手に入ったとして、今度はまた維持するのも大変です。食事に気を使い、無駄な脂肪がつかないように心がけ、ほどよい筋肉量を維持するためのトレーニングも続けていかなければなりません。

体型を維持するのって本当に大変ですからね。1回その体型になったら、永遠にそのままならどれほど楽なことか…

でも、その努力の先にきっと多くの人からの称賛を得ることができるんでしょう!限られた人のみが手に入れることができる喜びです!モテますよね、絶対(笑)

そう考えると、細マッチョ・ソフトマッチョを目指す&維持するなら、相当にストイックな自己管理をする必要がありそうです。トレーニングも、食事も、そして生活習慣も。

ストイックになりきれない人は、ちょっと裏技ですが、やっぱり加圧シャツのようなアイテムを使って効率よく体を鍛える&脂肪を落とすのがいいんでしょう。

効率を求めるなら、着るだけで痩せるtシャツの口コミ評価で選ぶのがベストかもしれませんね。